研修・セミナー

認知症アクティビティ・ケア専門士 イメージ画像認知症アクティビティ・ケア専門士タイトル

「認知症アクティビティ・ケア専門士」3級のカリキュラム(8日間)一覧です。
研修で身につく知識や技術などのカリキュラム内容をご覧頂けます。


認知症アクティビティ・ケア専門士 カリキュラム内容

研修1(第6期:3月10日(金))

認知症における課題とアクティビティ・ケア専門士の役割01講師:渡辺 光子(一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会 理事長)

今後、高齢化とともに高齢者や認知症の人がますます増えていくことは確実視されています。このような社会背景と課題、認知症という病気の種類と特徴、家族の問題、地域との関わりなどについて、研修の導入として知っていてほしいことを復習します。

認知症の人が、その人らしい生活を続けていくためには、家族やケアに携わる専門職の対応が重要です。認知症についてあまり知識がない対応や、通常の人と違う言動や行動をとる認知症の人に対しての差別的な言葉や対応は、認知症を悪化させる原因になるということが、調査などで分かってきています。
それに対して、その人が好きな音楽などを用いてアクティビティ・ケアを行うと本人の心身が活性化し、認知症の症状を穏やかにするのが可能となることも実証されています。 このように、生活の中でできるアクティビティ(運動・調理・園芸・音楽など)を活用して認知症の人のケアを行うことが、日常生活の改善にも繋がるのです。 アクティビティ・ケアを進めるに当たり、まず認知症の知識、症状への対応、本人の心理状態などを知っておく必要があります。そのうえで本人にあったアクティビティに取り組むことが大切になります。

ここでは、研修に参加する際の研修への取り組み方、また、今後認知症アクティビティ・ケア専門士として社会で活躍するに当たり、アクティビティ・ケアを進めていくうえで求められる知識や、技術の向上を目指すために必要な留意点を解説します。


音楽療法を用いたアクティビティ01講師:三宅  聖子(渋谷区障害者福祉センター 施設長
音楽は「自分の人生経験を回想し、歌い・奏で・動き・創る」活動

生活の中で馴染んできた音楽は、「自分の人生経験を回想し・歌い・奏で・動き・創る」活動を自然に作り出してくれます。そしてその活動は、認知症の方にとって安心と豊かさのある場と時間であると共に、脳機能・身体機能を賦活させる瞬間になるのです。
この研修では、参加者のアセスメントを活用し、ケアの目標・目的にあった活動と曲目を選択することができるようになること、身近な楽器や歌を使って、どのような活動ができ、それぞれにどういった効果があるかを確認すること、どんな曲をどのように使うか、などの方法を学び、認知症の方々に対して、音楽療法を理解し、その効果、進め方、プログラムの立案の留意点など、音楽を工夫して使った意味のあるかかわりについて専門知識と実践方法を身につけた上で第6回の現場実習(施設での)につなげます。


研修2(第6期:3月11日(土))

認知症の人の理解とその対応2

現在、認知症患者および軽度認知症の人をあわせると862万人といわれており、今後も増加の傾向は必須です。そのような中、住み慣れた環境の中で、いかに自分らしく暮らしていく事ができるかが大きな課題となっています。
高齢者のみならず若年性の認知症の方も増えており、ますます家族や地域の多くの方々の認知症に対する理解と対応が必要となってきています。平成25年に施行されたオレンジプランがこのたび新オレンジプランに変わり、より具体的な施策が打ち出され、その内容もパワーアップされています。
以上のような社会背景を踏まえて講義を進めて行きたいと考えています。
研修内容は、一方的な講義というスタンスでなく研修参加者個人が考えるチャンスの場としたいと思います。
1) 研修参加者同士でグループワークをすることで、「多くの気づき」の共有
2) 認知症の方の主な周辺症状に対しての原因の気づきとそれに対するケアを検討し、個人ワークとグループワークでまとめる
3)グループで意見をまとめたものをグループ代表が発表。発表内容について質疑応答、講評
という組立で進めていきます。


園芸療法を用いたアクティビティ2講師:澤田みどり(NPO法人 日本園芸療法研修会 代表理事)
園芸作業は植物が主役で、園芸療法は人が主役

植物や園芸作業は人の暮らしと深いかかわりをもっています。認知症の方に対しては植物は季節感を呼びさまし、五感を刺激し、安心感、リラックス、気分転換をもたらします。また、植物を育てることは適度な身体運動を促し、育てたものを調理やクラフト作製に利用することでその人の自己有用感を高めることになります。
ただ単にレクリエーションの一環として園芸作業を行うことと、アクティビティとして行う園芸療法とは異なります。園芸作業は植物が主役、園芸療法は人が主役という視点で、認知症の方の日々の暮らしを豊かにするのが園芸療法と言えます。
この園芸療法を実際に行う際には、どんな植物を用いるのか、どんな道具が適しているのか、どういった場所・設備で行うか、などいくつかのコツやポイントなどがあります。この研修では専門知識と実践方法を身につけ、第5回の園芸療法の現場実習(畑・庭などで)につなげることを目指します。


研修3(第6期:4月15日(土))

認知症ケアにおける回想法03講師:山根 寛(京都大学大学院 名誉教授)
回想法の意義の理解と進め方

回想とは、そのひとが歩んできた人生の折々の経験やできごとが自然に思い出されることです。回想法は、そうした人の記憶を利用したコミュニケーションが中心になるもので、幼少時から青年期にかけての生活に関わりのある生活用具、昔の写真、流行していた映画や音楽、食べ物など、過去を思い出すきっかけとなるものを通して、当事者から話を引き出していく方法です。 日常的な介護や家庭の生活の中でも、行うことができます。
何を目的に回想法を行うのか、どのように進めればいいかなどを話し合いながら準備します。また、テーマを決めて行うのかどうか、材料や道具を用いる場合と用いない場合の選択、認知症ケアで期待できる効果、評価(評価票を使用)方法を整理するとともにその手法を学びます。


認知症の人に回想を用いて働きかける場合のコツを学ぶ

本研修は、日常的な介護や家庭の生活の中で、認知症の人に回想を用いて働きかける場合のコツを学び、実際に模擬的な体験(ワークショップ)を通して具体的な知識と技術を身につけ、現場で活用できるような内容となっています。


認知症ケアの課題・アクティビティ・ケアの進め方-アセスメント、評価03講師:山根 寛(京都大学大学院 名誉教授)
アクティビティ・ケアの進め方

認知症の人に対するアクティビティ・ケアの役割には、予防としての役割、機能訓練としての役割、生活の質の維持としての役割があります。
認知症ケアにおけるアクティビティをもちいたプログラムは、日常生活、療養生活の質(QOL)に視点をおいて行うことが、重要であり特徴になります。
アクティビティ・ケアを進める上で、ケアを受ける人、ケアに当たる専門職の人も楽しんでアクティビティに取り組むことで、自然に日々の生活を活き活きとしたものにし、それが、脳の活性化と心身の機能の維持に繋がるようにする工夫が必要になります。
この研修では、こうした特徴をもつアクティビティ・プログラムの立案に必要な、 ・施設の機能と対象者個々の状態を知るためにアセスメント票を作成し、そこから対象・目的を明確にする必要があります。その人に合った適切なアクティビティの選択と計画の立て方、運営の仕方を学びます。
また、どのように実践するのか様子を見ながら進め、内容を振り返り(評価票に記入)アクティビティ・プログラムをどのように進めるかなど基本的な事項を講義、実習(ワークショップ)等を通してアクティビティ・ケアを実践する場合の手法とそのコツを学びます。


研修4(第6期:4月16日(日))

化粧療法を用いたアクティビティ04講師:安藤  理美 (山野美容芸術短期大学  現代美容福祉専攻  准教授)
アクティビティとして化粧を行う際の進め方、役割、効果

現代の化粧には、自分の顔の印象を変えるための「変身」と、常に一定の対人的効果を目指すものとして、自分の特徴を強調したり、魅力を増すための「装う」という意味があるが、特に顔を中心に飾るもので「自分らしさ」を他者にアピールする手段としての意味が大きいといえます。また、現代の化粧は、‘体表の衛生と健康を維持する機能’と、‘印象を変え美しく演出する機能’をもっています。
認知症の人への継続した化粧のかかわりは、表情の変化や自分の容姿への関心の増加、興奮状態の鎮静化、夜間睡眠剤の服用停止、おむつ外しの成功などさまざまなBPSD(周辺症状)の解決や行動の軽減に導く効果に至っています。
アクティビティとして化粧を行うことは普段私たちが化粧を行うのとは異なります。例えば、医療や介護、美容の心得のある職種との連携が求められ、対象者へのアセスメントをもとに自己化粧がよいか他者化粧がよいかを決定したり、時間や頻度も考える必要があります。
 この研修では、化粧の役割とアクティビティとして化粧を行う際の進め方、化粧療法の効果ポイントなど実践方法を習得します。


アロマテラピーをもちいた活動の進め方、留意点、効果、技術を学ぶ

アロマテラピーは、100%天然植物成分の精油を使用します。その「香り」が脳や体に影響を及ぼし、病気の予防や不快な症状を軽減し睡眠導入、浮腫の改善など、代替補完療法の役割を担っています。
さらに近年では医療機関、ホスピス、介護施設でも取り入れられ、認知症の人の症状の悪化を予防するだけでなく、認知機能を向上させることがこれまでの研究で明らかとなっており、このところ特に注目が集まっています。
この研修では、アロマテラピーについてそのメカニズムを理解するとともに、精油の選び方、活動の進め方、留意点、効果など、実際にアクティビティとして実践する際に必要となる実践的な知識と技術を体験実習で身につけます。


研修5(選択日)

アクティビティ・ケア見学・実習(園芸療法)05講師:澤田みどり(NPO法人 日本園芸療法研修会 代表理事)

研修2:園芸療法を用いたアクティビティについて考え方・意義・ケアの在り方などを講義で学んだうえで、現場(郊外・畑/施設)でどのように実践されているのかを観察したり、実際に現場実習に参加したりします。 講師のレクチャーを受けるとともに、実体験に基づくアクティビティ・プログラムの計画や運営の仕方、成果や留意点などを考えます。

※選択日は、以下の日程の中から1日を選択。先着順。
【第6期】2017年3月15日(水)/3月29日(水)/4月5日(水)/4月12日(水)/4月19日(水)/4月26日(水)


園芸療法の現場実習(郊外の菜園等での実習)

植物のある環境の中で高齢者、認知症の人たちと一緒に作業を行ったり、その様子を観察することで、園芸療法について体感する研修になります。
植物は、認知症の人の日々の暮らしに彩りを添え、心を穏やかにし、脳の活性化をうながし会話のきっかけももたらしてくれるものです。
例えば、不穏な状態の認知症の人が、植物のある環境で落ちつきを取り戻す姿がよく見られますが、それには、植物には、認知症などにより人が閉ざしてしまっている五感すべてを優しく穏やかに呼び覚ます力があることも関係しています。また、屋外に出ることで外気浴や日光浴ができ、基礎代謝、新陳代謝を高めることにもなり、さらに、適度な全身運動は基本的な運動能力の維持・改善をうながし、食欲が増し、快眠導入、昼夜逆転防止など、生活リズムを整えることにもつながります。
 実際に活動に参加することで、植物が認知症の人の生活改善にどのような効果をもたらしているのかを観察するとともに、園芸療法を実施するための準備、進行、成果、課題、評価方法なども体験・体感できる現場実習です。


【注意】3級の実習選択日の取り扱いに関して
「認知症アクティビティ・ケア専門士」3級 第6期では、音楽療法・園芸療法、それぞれ複数の実習候補日の中から1日ずつ選択します。 選択日は先着順です。なお、選択日が集中した場合には、別日程への調整となりますので予めご了承ください。


研修6(選択日)

アクティビティ・ケア見学・実習(音楽療法)06講師:三宅  聖子(渋谷区障害者福祉センター 施設長)

研修1:音楽療法を用いたアクティビティについて考え方・意義・ケアの在り方などを講義で学んだうえで、現場でどのように実践されているのかを観察したり、実際に現場実習に参加したりします。 講師のレクチャーを受けるとともに、実体験に基づくアクティビティ・プログラムの計画や運営の仕方、成果や留意点などを考えます。

※選択日は、以下の日程の中から1日を選択。先着順。
【第6期】2017年3月15日(水)/3月29日(水)/4月12日(水)/4月26日(水)


音楽療法の現場実習(施設での実習)

高齢者施設という環境の中で認知症の人たちと一緒に音楽を楽しみます。その様子を観察する事、進行の進め方を確認しながら、皆さん自身も懐かしい音楽に出会い体感する研修です。
認知症の人は、身体機能と脳機能の衰えから逃れられず、さまざまな喪失感を味わいます。生活の営みのなかで、生きた証の喪失、役割の喪失、環境の喪失などは、機能の低下の原因にもなるため、それらを軽減することを目的としたかかわりが必要になります。音楽療法の適用は、過去の記憶を思い起こし、人とともに過ごしながら、楽しくかつ能動的で主体的な活動となる人と人とのかかわりが可能になるのです。音楽は、聞くだけで癒され安心できる空間をつくり出します。さらに認知症の人にとっては、無意識に心も身体も主体的に動かして歌う・奏でる・踊る(動く)などの活動を導き出すきっかけになります。認知症の人と音楽、そして人とのかかわりという相互関係を意図的・計画的につくることが、認知症の人の暮らしを豊かに支えます。音楽を使ったアクティビティは、今できることを大切にし実戦することで、初期から重度認知症の人まで効果的です。
音楽そのものは、人の生理的・心理的・社会的機能に変化をもたらしますが、音楽を聞き、音楽にあわせて歌う・奏でる・踊るなどの、さまざまな感情をともなうアクティビティ(活動)によるケア(人のかかわり)は、1人ひとりに適した時間を意図的につくり、脳を活性させる効果があるのです。
認知症の人たちや施設のスタッフの方々と一緒に音楽のプログラムに参加することで、さまざまな身体機能や生活改善に繋がることを実際に感じていただき、同時に音楽療法を実施するための準備、進行、成果、課題、評価方法について体験・体感できる音楽を用いた楽しい現場実習です。


【注意】3級の実習選択日の取り扱いに関して
「認知症アクティビティ・ケア専門士」3級 第6期では、音楽療法・園芸療法、それぞれ複数の実習候補日の中から1日ずつ選択します。 選択日は先着順です。なお、選択日が集中した場合には、別日程への調整となりますので予めご了承ください。


研修7(第6期:5月13日(土))

運動・散歩を用いたアクティビティ07

認知症予防や軽度認知障害の進行防止には習慣的で適度な運動が有効

認知症予防や軽度認知障害の進行防止には習慣的で適度な運動が必要だと言われるようになっています。
散歩・運動には、明確な目標をもつことなく最小限の能動性や積極性でよいという特徴、リズム性、そして何より手軽に行えるという点が挙げられます。そして、リズム性により身体や心を緩やかに整える効果や、歩行による運動は身体の動きや体力維持・向上および脳の活性化にもつながるなどのさまざまな効果も期待されます。
しかし、アクティビティとして進めるには、ただ漫然と近所を散歩するだけでは十分とは言えません。きちんと参加者のアセスメントを行い、評価も行う必要があります。そして、物理的に安全な安心できる環境を確保するだけでなく、認知症の人が周りの人たちと安全安心に活動を行えるような配慮も求められます。
そういった進め方や実施の際の留意点なども含め、映像や体験実習で紹介します。


地域の資源を活用したアクティビティ・ケア07講師:濱田秋子 (町田市南第1高齢者支援センター相談員/看護士/認知症介護指導者)
認知症予防や軽度認知障害の進行防止には習慣的で適度な運動が有効

地域で認知症の人を支えていこうという施策が出され、それぞれの市区町村においては、地域包括支援センターなどを中心としたさまざまな取り組みが始まっています。
しかし、課題も多く指摘されています。例えば、

1)認知症の人を地域で支えるために何が求められているのか
2)地域の中でそれぞれの立場で提案できる仕組みとはどのようなことか
3)地域資源、情報を活かして連携し協働するにはどんな方法があるか
4)介護保険制度の流れを正しく理解し、地域包括支援センターなどにつなげるにはどうすればよいか
5)地域包括支援センターの役割とはどんなものか
などが挙げられます。
そして、なぜ、今、「認知症ライフパートナー」や「認知症アクティビティ・ケア専門士」が必要なのか、という点も実はその解決と関係するものと言えるのです。
こういった内容をテーマに、講義やワークショップを通して、受講生の皆さんからの質問、意見、各地域での取組みの事例発表など、情報交換やディスカッションを行うことで解決策を見出す、あるいはそのことが今後の活動に具体的に活かすことができるような研修内容を目指します。


研修8(第6期:5月28日(日))

運動・散歩を用いたアクティビティ01
各講師陣が参加し事例発表と講評・デスカっション 

各講師陣による研修全体の総括をはじめ、今まで行ってきた研修のまとめを行います。また、講師、参加者との交流・懇親会も実施します。

※研修内容の詳細については近日中にご案内いたします。



【注意】3級の実習選択日の取り扱いに関して
「認知症アクティビティ・ケア専門士」3級 第6期では、音楽療法・園芸療法、それぞれ複数の実習候補日の中から1日ずつ選択します。 選択日は先着順です。なお、選択日が集中した場合には、別日程への調整となりますので予めご了承ください。

実務研修をお申込みの方はこちらから

申込用紙のPDFデータが必要な方はこちらから




区切り線 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会に関するお問い合せは随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。
お電話・FAXでのお問い合せ TEL:03-5388-4134 FAX:03-3370-8061

営業時間 10:00〜18:00(土日祝祭日及び当協議会休業日を除く)