セミナー情報

2011年11月13日(日)・11月20日(日)・11月26日(土) 3日間
第4回 認知症ケアフォローアップ研修
「認知症ケアとアクティビティ・プログラムの進め方と演習」

2011.9.13



認知症ケアフォローアップ研修も4回目を迎えました。講座数としては今回で24回を重ねることになります。このたびは、特別講師として山根寛先生(当協議会理事、公式テキスト制作委員長)をお招きしアクティビティ・ケアの意義と活用について理解を深めます。また、コミュニケーションの基本である傾聴技術を修得します。このたび初めて生活の基盤である住環境の重要性と整備のポイントについて取り上げ事例から学びます。また、動物を介在したアクティビティ・ケアの効果と留意点について学びます。そして介護現場で即、活用できるアート(楽しい絵画の描き方、布アートなど)を演習体験いたします。参加者のリピータ―の方が増え、毎回好評のうちに継続している研修です。ぜひ、ご参加ください。

※受付は終了いたしました。


各日程のプログラム

11/13(日)

AM

オリエンテーション

渡辺 光子

一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会 理事長

コミュニケーションの基本となる傾聴技術
〜認知症の人と向き合いいかに人間関係を築くか〜

中辻 萬治

日本応用老年学会
顧問桜美林大学加齢・発達研究所研究員

PM

認知症ケアにおける住環境支援と暮らし
〜認知症の人の生活と住環境整備の考え方〜

児玉 桂子

日本社会事業大学 特任教授
認知症介護研究・研修東京センター
副センター長兼研修部長

11/20(日)

AM

動物を介在したアクティビティ・ケアの事例
〜動物を活用したアクティビティの研究と実践から〜

滝坂 信一

帝京科学大学 生命環境学部
アニマル サイエンス学科 教授

PM

色彩の基本と介護現場で活用できるアート(絵画)制作
〜絵画を描くことで五感を刺激し、心身の活性化につながる〜

堀田 ルミ子

堀田デザイン研究所 デザイナー
絵画作家活動

11/26(土)

AM

アクティビティの時代認識、紙と布を使った演習
〜アクティビティの時代認識の理解と実技演習を楽しむ〜

佐藤 典子

OFFICE SATO代表
アクティビティ・プロデューサー
当協議会 アクティビテイ研究会 委員

PM

アクティビティを進めるために重要なアセスメントと事例
〜アクティビティ・ケアと認知症ライフパートナーの役割〜

山根 寛(特別講師)

京都大学大学院 教授
当協議会理事・公式テキスト制作委員長
社団法人 日本作業療法士協会 副会長


日時 2011年11月13日(日)・11月20日(日)・11月26日(土)
時間 9:30〜16:30(各日 3時間×2回)
受付期間 2011年9月14日(水)〜
受講料 一般:35,000円(税込)/会員:29,000円(税込)
※会員同時申込み可(年会費6,000円)
※別途教材費(3,000円)は当日お支払いいただきます。
会場 代々木研修室 (東京都渋谷区代々木1-29-5 教会ビル)
定員 40名(定員になり次第締切となります)
主催 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会
後援 福祉住環境コーディネーター協会
NPO法人 福祉・住環境人材開発センター

※ 会員とは:一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会 会員となります。
※フォローアップ研修中止の場合を除き、いかなる理由があっても受講料の返金および次回への振替・会場の変更はできません。


区切り線 この研修に関するお問合せは随時受け付けております。お気軽に事務局までお気軽にご連絡ください。
お電話・FAXでのお問い合せ TEL:03-5388-4134 FAX:03-3370-8061

営業時間 10:00〜18:00(土日祝祭日及び当協議会休業日を除く)